ハウス

ECO HOUSE “自然”から生まれ、 やがて“自然”に還る家。

ECO HOUSEのコンセプト

機能・安全・環境

メンテナンスが難しく、耐久性にも乏しい家は、
わずか15年で住宅としての価値がなくなり、住宅ローンが残っているうちに建替えを余儀なくされるという、
世界から見て非常識な家創りを繰り返しているのが、今の日本の現状です。
取壊された家は、分別が難しい大量の産業廃棄物となり、
処分場周辺の環境のみならず、今や地球規模の環境破壊や生態系への不可逆的なダメージを与える一因となっています。

住宅耐用年数比較

これまでの日本の住まいは、他の住宅先進国に比べ、あまりにも短命でした。  経済的、地球環境的に残る負の遺産といえます。

  ECO HOUSEの壁構造

高気密、高断熱施工が絶対条件のECO HOUSE。

いままでの断熱材は、
すべてビニール系の防湿層が設けられており、
その表面で結露がおきていました。
これは水蒸気が一部分で留まるためでした。
ECO断熱の場合100%木から出来ているので、
水蒸気を止めるポイントがありません。
気密もしっかりとれているので、結露の発生がありません。
昔ながらの土壁のように湿度を調節し、
なお且つ断熱性能がすぐれているという、
高温多湿な日本の高知の機構には、最適な断熱工法です。

  ECO HOUSEの計画換気

2003年7月より施行された建築基準法改正により、24時間機械換気設備の設置が義務化されました。 "ECO HOUSE"では、早くから高気密高断熱住宅と計画換気の重要性に気付き、法令施行前から採用しています。

計画換気は“結露防止”や “アレルギー対策”の面からも重要です。

  • SORAMADOの家
  • DICE
  • ECO HOUSE
  • 家の基本性能
  • 家づくりのフローチャート
  • works