袖すり合うも他生の縁

北海道から帰って、もう一週間経ちました。

なんだか随分前のような気もしますが、記憶の

確かなうちに、こぼれ話を少しだけ。

 

2日目のホテルにて。

温泉を満喫して、動けなくなるほど夕食をいただいて、

その深夜。

ロビーの喫煙スペース前を通りかかると、一人の妙齢の

ご婦人の姿がありました。

なんとなくお互い会釈しあって、なんとなくソファに

座ると、なんとなく会話がはじまりました。

(というか、ほぼご婦人が話して、こちらは絶妙に相槌うつ感じ)

 

約90分におよんだ会話の内容は、かいつまむと

”10年前、東京から事業の都合で家族で移り住んだ”

”3人の子供たちは、それぞれ独立してまた関東方面に帰った。”

”夫とふたり骨をうずめる覚悟だが、半年雪に埋もれる暮らしに

まだ慣れない”

”一週間前、雪掻き中に転んで顔面強打!腫れが引きかけたので

友達と温泉に来た”?

”一週間で腫れが引いた!いまの医療はすごい!”

”高知から来たの?こんな寒い所へ何故来たの?”

 

以上の内容を、ニュアンスをかえながら数回リピート……

 

じゃあ、よいたびを~♪ などと別れたころには深夜1時半。

身体は冷えましたが、旅先でのなんでもない会話は、ほっこり

しますねぇ。

(20分でじゅうぶんほっこりできたのですが……)

 

寝る前に、もいっかい温泉でほっこりしなおしました。


 

 

 

” S ” 様邸

高知市北部の” S ” 様邸


 


外壁は、ご夫婦と小学生の息子さんの

希望を取り入れています。

お天気にも恵まれ、工事も順調に進んでおり

予定より少し早く、お引き渡しが出来そうです。

祝♪ 上棟

まだ雪景色の北の大地から帰ってきて3日目ですが、


 

ほんじつ高知市針木東町にて、Y様邸上棟!でした。


 

比較的風もおだやかで、よい上棟日和でした。


 

屋根のルーフィングも終え、ブルーシートで養生まで

無事完了しました。

完成まで、またちょいちょいレポートさせていただきます。

 

Yさま、おめでとうございました♪

 

前のブログにも書いていますが、3日間会社で北の大地へと行ってきました。

わたしは初めて行く大地だったのでワクワク(*^-^*)

 

飛行機を乗り継ぐこと約4時間・・・

降り立った所はまだ桜も咲いておらず雪がチラチラ。

まず初めに向かった場所は支笏湖。

空気がとても澄んでいて原生林に囲まれた大きな湖です。

風が吹いていてとても寒かったですが、あんな大きな湖を見たのは生まれて初めてでした!

 

そして次は登別地獄谷。

大きな鬼に迎えられていった鬼火の路。

硫黄の匂いがプンプンしていました。


 

でも不思議なもので慣れるって怖いですね。

しばらくしたらそんな匂いも気にならなくなり、風がやっぱり寒いので早々にバスに乗り込み

本日の宿「石水亭」へと到着しました!

 

半日でしたが北の大地に癒され眠りにつきました( *´艸`)

yokoyama です

 

 

少しの間、会社のみんなで遠出をしてきました

桜が咲こうかというこの季節

なぜか行ったところは世界が真っ白状態

地元の方が言うところによると季節外れの大雪とのことですが

中々楽しめました

向こうで見聞きした生活のギャップ・・・

日本は広いなぁと実感しましたね

何よりありがたかったのは、花粉がない!!

目も鼻も快適です

しかし、戻って来る途中

羽田空港で既に鼻がくしゅくしゅ

目がむずむず

日常に戻ったのをひどく実感しました

 

遠出の内容は??

それは誰かが書くでしょう・・・w

 

 

1 / 512345